poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

芋を洗う子猿 c((*^ェ^))ɔ

受援力について考えている。

この言葉は、東日本大震災の時に、内閣府がボランティアの受け入れのためのキーワードとして広めた言葉らしい。

助けを受け入れる力
人に頼る力

これは、チームワークや、チーム力とも繋がる言葉だと思う。

ただし、受援力というのは、チームの力ではなく、あくまでも個人の力なのだ。

スキルかテクニックかと言えば、スキルなんだろうな。
誰だって、コツを掴めばなんとかなる。ハサミを使うとか、箸を使うに近い器用さだと思う。

さて、それをどうやって身につけ、周りにも広めるか。

やはり、無理やり押し付けてはダメだ。
なんか楽しそうに使ってて、私も使ってみようかな?と思ってもらうくらいがいい。

そのためには、コナンみたいな人を攻撃しない。ひたすら、頼り、助け、少しずつその振る舞いを見せていくのがいいのかな?

無人島の子猿が芋を転がして、海で洗って食べた。おや?なんかいつもより美味しいぞ。次からは敢えて海へ持っていき、洗いながら食べた。

あいつ、なにやってんの?と、好奇心の強い子猿が真似して、おや、美味いねという。

すると、次々に子猿たちが芋を海水で洗うようになり、その島の猿の文化となった。

しまいには、年寄り猿も芋を海水で洗って食べる。

そんな広まりかたがいい。

年寄りの頑固さも指摘しない。こっちの方がいいとか比較しない。
いつも洗わなくてもいい。
そこに洗うというオプションがあるだけ。
そこに受援力というオプションがある。
ひとりでやりたい時はとことんやればいい。

そんな広まり方ができたらいいのに。

答えを持って相談をしない

答えを持って相談をしてしまうと、上手くいかない気がする

相手は、こちらの言って欲しいことを言ってきますよね?

いいえ、そうとも限らないです

あれ?わたしって、性格悪いのかしら?

本当に困ってる時は藁をも掴む感じだけど、困ってない時の相談はするもんじゃないな。

そう思ったところで、

わたしは、子どもに頼みますよ。頼られたらうれしいかな?と思って。サービスの相談をします。

あー、わかる。わかるけど、今はその話じゃない。

ここは、そうですね。そういう場合もありますよね。と言っておけばよかった。

でもいいや。失敗は次への学びだから。(笑)

背中にカイロ

ずっと肩こり、首痛、肩甲骨の痛みが続いていた。
今日、寒いなとおもって、首のでっぱりの骨のところにセーターの中にカイロを貼ってみた。

なんと、劇的に楽。あれ?冷えてたのかな?
温まって、血流が良くなってるのかも?
ほっぺも火照る。

こんなのいつぶり?

完全に治ったわけではなくて、筋肉痛みたいには痛いけど。

しばらく、カイロのお世話になります。薬飲むより効くなんて!

ネイルをすると家事をしたくなる

ボコちゃんの場合。

ネイルをすると、掃除をしたくなる。

ネイルが剥げちゃうな。と思う。

で、止めておく。

今回は、えい!ままよ!と掃除してみた。
やはり、爪先が減った。

でもいいか。いつか減るものだし。

きっと、指先がキレイになって、気分が上がって
やる気になったんだ。

その気持ちを無かったことにしてしまうのは
ネイルをしたかいがないということではないか?

キレイな服を着たから、お家もキレイに整えたいとか
他のことも頑張りたいと思う気持ちの方が、ちょっとした見てくれよりも大切なのではないか

どうせ他人はおばさんの爪が塗りたてか、そうじゃないかなんて大して見てやしない。大差ないのだ。

だから、好きなことを億さずやってみよう。
やりたい気持ちに正直に。

なんか、いいこと言ってる訳じゃない。
ただ、爪の先の小さな話。

押し入れの引き出しの中の服を整理したり
玄関のclosetの古いスリッパを捨てたり
床を雑巾で磨いたり。

べつに大掃除でもなく

そんなことをしてみた。

でも、そんなことでも手が荒れるので、手が荒れないふだんは、そんなことさえしていないということだ。

だから、がんばってるんだなと、自分を認めてみる。

ああ、スッキリしたいんだ。

掃除も何もしなくていいくらいに
すっきりとした部屋で暮らしてみたい。

キレイに塗った指先が似合うような
そんな暮らし。

あるべき姿

例えばさ、この人はここがダメとか減点方式だと、あるべき理想の姿がひとつあって、それ以外は減点ってことになる。

でもさ、実際は違うんだよね。

謙虚姫は、簡単に批判する。気はつかうけど、批判する。

例えば、コナンが締切を守れないこととか、上から仕事を剥奪するくらいの強制力を発揮すべきだと言うけど。

コナンがなぜできないといえないのか?責任感とか、できないことを認めたくないとか、そういう気持ちに寄り添ってない。頑張りたいという気持ちを尊重しつつ、そこを離れてよりよい姿を考えてみようとしなくてはいけない。

結論は見えてる。

それが、謙虚姫の強み。
でも、北風戦法ではコナンはますます閉じてしまう。

みんなが均一にこうあるべきではなくて、それぞれが得意と苦手のあるでこぼこのある存在だと認めてしまっていいのではないか。

その上で、フォローし合ったり、助け合ったり、迷惑かけたりかけられたり。

完璧でなくていい。すみませんでした。次から気をつけます。って言えなくなると、自分はこういう方針でやっているとか、相手を打ちのめさないと、自分が傷ついてしまう。

でもさ、仕事とはいえ、本職とサービスみたいな所で、全てがメーカー的に完成度の高い仕事をできるとは限らない。
サービスは、相手がよいと思う頃合がよくて、過剰でも足りなくてもいけないけど、全ての人が完璧に満足するようなサービスは、お金や人手が限られている中で、難しいんじゃないかな?

その時に、目的とかターゲットに立ち返って考えることは大事なのかも?相手を打ち負かすために理論武装するのではなく、なんのためにやってたんだっけ?どんな人の役に立ちたかったんだっけ?って。

悪夢

いつも仲良くしてもらってるハリーちゃんに仕事が雑で迷惑をかけた夢を見た。

自称、4年に1度しか怒らないハリーちゃんが怒ってた。

あー、やってしまった。落ち込んでいたら、娘が
「今日、学校早くいく!」
と起こしに来た!

ぎゃー!早く起きてご飯を炊く予定だったのに寝坊した!!

夢でよかった。でも、ほんと気をつけよう。

セブンイレブンでお弁当とサラダとパンを買ってきて、お弁当箱に詰め替えた!

なんとか間に合った!

空いた時間で、自分用に残りご飯とおかずを詰め、熱い桃の紅茶を入れた。

よしっ!

今日は金曜日。最後の力を振り絞って、がんばるぞ。いろいろ上手く進むといいな。

今日はひっちゃかめっちゃかだった!

ひっちゃかめっちゃか!なんて言葉、リアルで使います??

今日は、リアルにそんな日でした。
落ち着け!わたし!

でも、いろんな人に相談して、助けてもらった!
M国さん、U月さん、謙虚姫、課長、ありがとう。
回答を書いてくれたM松さん、H本さん、O野さん、ありがとうございます!

今日はね、例の訪問看護の苦情への回答案も書けた!バス路線の回答案も海外からの転入への回答案もできた。
明日、みんなに見てもらおう!
Dさんに、見積もり依頼もした!
Nさん、ひっちゃかめっちゃかで迷惑かけて、ごめんなさい。

ここで懺悔しとこう。
明日は、新しい私になれるように。
がんばるぞ!おー!