poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

2018-07-22から1日間の記事一覧

愛された記憶

子どもにとって大切なものとは 愛された記憶なのかも 承認された記憶というか そういうものが自己肯定感になって 放っておかれても、ちゃんと子どもを守ってくれる。 それは、表面的なものだと、ちゃんとバレてしまって 本当に心から承認されているという確…

意識的に人を傷つけようと思う人なんていないのかも?

なんで??こんな仕打ちが。。って思うことってあるけれども もしかしたら、わたしが先に無意識になにかをしでかしているのかも? 相手も無意識にやらかしちゃってるのかも? なにかが起こったときに、意図的なのか、無意識なのか それは、分からないから、…

あなたはいいかも知れないけれど。

子育てをしていて、思い出すことばがある。 母に言われた言葉だ。 上の子の育休から復帰したとき、会社のシステムの入れ替えのタイミングで 本当に毎日毎日残業で、子どもは慣れない保育園で、不安だろうにとても悩んだ時期がある。職場には、長く育児休業を…

かこさとしさん

かこさとしさんの本を読んでいた。 こころに残ったのは、家族の話。 かこさんは、川崎でセツルメントという活動をされていて、子どもたちから多くのことを学んだらしい。 でも、じぶんの娘と過ごす時間はあまり持てなかったらしいのだ。それは、かこさんが、…

経済ゲーム

経済ゲームって、なんだか社会の縮図みたい。とてもおもしろかった。 自由経済って、決めごとじゃないんだなあ。流動的なものなんだなあって体感した。あんまりぎちぎちに決めちゃうと、変化に対応できない。緩い感じで、動きやすさを確保して、最低限の合意…

みんなと同じようにしなくていい

今日は、子どもと一緒に、あるゲームをしてきた。 経済ゲームみたいなヤツなんだけど、ポコちゃんって、研修とか、そういうゲームみたいなの大好き。子どもに負けず劣らず、本気で頑張っちゃう。 その後、食事に行ったのね。 それで、大人と子どもに分かれて…

初めて話すけど

ポコちゃんのお父さんは、自営業をやってた時代がある。サラリーマン→自営業→サラリーマンである。中流サラリーマン家庭の子どもみたいな顔して、実は自営業を少し知っている。ポコちゃん、保育園の頃は床屋さん、小学生からは美容院で髪を切ってもらってい…