poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

幸福学とは

幸福を科学したら、宗教になりそうだけど、
実際に、医学とか、心理学とかは、幸福を科学しているらしい。

認知症で、もう誰の役にもたてないと嘆くお年寄りに
「あなたがいてくれてよかった」
ということは、幸福度をあげるんだとさ。
元気な人にも、普通の人にも、これは有効で、これはまた、ユニバーサルデザインのことばだなぁって思う。

幸福の4つの因子は、前向きであること、つながりがあること、自分を受け容れていること、人目を気にしないこと。
これをいうと、「普通ですね。」と言われるそうな。前野先生は、だって、統計から出したんだから、普通でなかったらおかしいという。まあ、そうだ。
幸福になるための、今まで知られなかった画期的真実なんて、見つかりようがないよな。
夫婦は社会の最小単位だけど、ついついなおざりにされやすいらしい。
子育てのワークショップだと、夫婦のワークショップの2倍は人が集まるらしい。
夫婦かぁ。欧米の夫婦は、連れ立ってオフィシャルな場にも出たりするけど、うちは、ものすごいプライベート感を醸してるなぁ。
オフィシャルに夫婦でって、ないね。せいぜい、冠婚葬祭に親戚の前に出るくらい。

オフィシャルに出てる人たちいるよね。あれは、うちとは関係性が違うのかな?うーん。


これは、「あなたに会えてよかった」ま、似たようなものかな?
www.youtube.com