poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

高校生の時に聴いた曲

高校生の時に聴いた曲について、思い出してた。

1年生のときは、友達がなんだか中島みゆきが好きで、「悪女」とかよく一緒に聞いてた。当時は、固定電話の時代だったんだよね。長電話し過ぎるから、キャッチホンとかつけられちゃって。ビリージョエルの「オネスティ」とか、なんだっけ?洋楽も流行ったなあ。

2年生は、なぜか、斉藤由貴とか、松田聖子のアルバムをダビング(?!死語?!(笑))してくれる友達がいて、一緒に聴いてたな。

 

3年生は、なんだろう?あんまり覚えていない。歌謡曲を聴く感じじゃなかったのかなあ。この1年は、勉強した訳じゃないけど、空白だなあ。友達は、B’zとか、氷室京介とか聴いてたから、興味なかったからかも知れない。

若かったよなあ。昔聴いた曲をふいに聴くと、本当にあの頃の感情がぶわーーっと溢れてくる。そして、大して成長しても変わってもいないなあって思ったりして。

これ、マンガとか、本とかでも出来るかも?
いや、1人で思い出に浸ってなくて、恥ずかしい思い出を言語化しないと、ここに書いている意味ないんじゃないの〜?なんても思うけど、もうちょっと言葉が熟したら、書きます。

それにしても、卒業って、切ないんだねえ。昔も今も。

www.youtube.com