poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

匂い

最近、パパの匂いがしない。
息子の匂いはむんむんするのに。

この間会った人、学生時代に振られたあの人と同じ匂いがした。

匂いは、危険。

だから、ポコちゃんは、匂いがわかる距離には近づかないようにしている。

同じ距離でもむんむんしている人と、さらーっとしてる人がいる。

むんむんしている人は苦手。何から何まで押し付けがましい気がする。

この間、児童文学の会に行ったとき、音で登場人物を借り置きして、不協和音を見つけたら、そこを書くっていう人がいた。

ポコちゃんも嫌な匂いのする人でお話がかけるかしら?でも、匂いって、移っちゃいそうなんだよな。
嫌いな匂いの人には近づきたくない。

さっきの、振られちゃった人。最初は、その人の匂い嫌いだった。でも、そのうち、忘れられなくなって、どこにいてもその匂いを探すようになってた。

そういうこともあるんだもんね。匂いも相性も第一印象だけでは、わからない。

それとも、嫌いな匂いを好きになろうと近づいたのが、そもそもの間違いだったのかな?