poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

きっちゃん

きっちゃんは高校の先輩

1年生のときの3年生
猫みたいに自由

のびのび

だれにでもフラットで
発想が自由

女バスケ部に入ってて

運動もできる。

勉強も必要となれば、いやいややる。
悲壮感がない。
難しい大学にも、するっと受かっちゃう。

「きっちゃんって、カッコいいよね。頭もいいし」

っていうと、先生は

「きっちゃんは、要領がいいんだな」

って言う。

そうかな?きっちゃんだって、精一杯頑張ったんだと思うんだけど

ワンランク上の結果出してると、なんだかガリ勉っぽくなくて

羨ましい。

友達がたくさんいる

憧れの先輩

ポコちゃんは高校を卒業して、きっちゃんに会ったことがある。

きっちゃんは、お金がなーいといいながら

カシミアのカーデガンと

オシャレなのか、オシャレじゃないのかよくわかんない

つぎはぎだらけのキルトのぶかっとしたシャツを着ていた。

 

でも、きっちゃんが着てると、なんかかっこいい

きっとストーリーがありそう

カシミアのセーターが好きなの

肌触りがいいから

お金ないけど、これ1万円以上するんだよぉーー


それを聞いた日から、ポコちゃんの中でカシミアは特別になる

 

きっちゃんって、そんな先輩