poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

決めていること

さっき、自己啓発本に相手にされなくて、拗ねていた、その舌の根も乾かぬうちに

ちょっといいこと書いてあるの見つけた!

 

「僕が彼のことを尊敬している理由は、「決めているから」です。他のどんな事柄よりも、家族に時間を使うこと、家族を大事にすることに「決めている」。僕が物心ついて、兄と毎日公園で遊んでいたような頃(10歳年上の兄なので、僕が5歳、兄が15歳くらいの頃)、あるいはそのずっと目から、すでに決めていたのだと思います。

……それから25年近くの時間が過ぎていますが、兄は変わらず、恐ろしいほどの一貫性を持って、「家族がすべてに勝る」「仕事より遊びより家族」という姿勢を貫いている。

 

……幸福の価値観は人それぞれですから、どちらが上も下もありません。もっとも不幸なことは、価値観という自分の船の指針、コンパスを持っていないということ。そして、持たぬが故に、隣の芝生が青く見えてしまうことです。」

なんか、知っている人の顔が浮かんだ。こんな気持ちなのかなあ。
ポコちゃんは、どう?自分に問いかけてみる。

 

そうさのう。周りからそう見えるほど、実は決めていない。でも、「決めている」時期もあったよ。じゃあ、今は、コンパスを取り替えるタイミングなのかなあ?

隣の芝生が青く見えるからじゃない。まだ見ぬ、地平線の果てを見てみたくなったんだ。

 

負けず嫌いで言ってるわけじゃないからね!(笑)