poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

こころを大きく評価しすぎない

こころって、他人ではどうしようもない。
素手で触ったら、壊れてしまいそう。
だから、ものすごく大事で貴重なものに思い過ぎてしまう。ルーティンって名前の箱に入れて、積み重ねたら、いいんだよって、気づいた話。

数日前の下書き***

たった一つのおにぎりにも、こころをのせられない。

毎日の生活が、どことなくぎこちない。
気持ちが、バラバラ。

相手のこころに、心がない状態で
空打ちみたいにこころを重ねようとするのは、難しい。

もう無理だと思う。

これは、誰に言ったらいいのだろう

*******

これは、打ちひしがれてたわたしのつぶやき。
娘のために、毎朝おにぎりを握る。お弁当箱にご飯を詰めるとベッチョリした感じが嫌なのだという。

最近、反抗期でかわいくなくて、心が通わない娘のために作るおにぎりには、愛を込められない。
そんな自分の限界と苛立ちを書いた。

短歌にもしてみた。

******

おにぎりに ぎゅっと握りし こころさえ 届くころには ほろほろ崩れ

朝ごとに ぎゅっと包みし 心さえ ほろほろ崩るる おにぎりのごと

********

それが、こんな素敵な短歌に❤

******

おにぎりに ぎゅっと包みし 想いさえ ほろろと解(ほど)ける 君の手のなか

******

おむすびに そっと包みし 心ごと ほろろと解ける 君の手の中

******

なあに?この、心の豊かさの違い!わたしの思いは伝わらないのに、ふたりの恋は前に進んでる。
同じおにぎりを握っているのに!なんで?!

わたしは、相手の反応を恐がってるんだって気づいた。君の手の中でただ解けてしまえばいいのに。

こころと一緒に怨念を込めちゃだめ。爽やかな愛が思わず一緒に入っちゃった!って感じで。(笑)
毎日のルーティンを小さな改善をしながら、淡々とこなす。こころを込め過ぎないんだ。

これは、コーチングで気づかせてもらったこと。忘れないように、メモっとく!(笑)