poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

豊かさとは、選択肢がたくさんあること。

今回の東京医大のニュースには、心を揺さぶられている。

ポコちゃんの信条は「金持ち喧嘩せず」。バカな人たちが騒ぐのには、あんまり関与したくない。

でも、あんまり記事を追っかけてないけど、あんまりひどすぎるのが伝わってきて、なんだか静観してるのが悪いことのように気まずくなってくる。

ポコちゃんは、その大学を受験したことないけど、もし、その大学で勉強したいとか、医者になりたいと思ったことがあったなら、ものすごい当事者になる。

これを見てみないふりしてるのは、選挙にいかないなと同じくらい、馬鹿なこと???

ポコちゃんの1票に大きな意味があるとかないとか言う以前に、なんにも考えていないって、恥ずかしいことなんじゃないかって思えてくる。

誰かの幸せは誰かの不幸?そんな詩があったな。宮沢賢治だっけ?平等とか公平とか、幸せとか不幸とか、一律に言うなよって思うけど、やっぱり、チャレンジの平等は残すべきだと思う。機会の平等っていうの?
やってみないとわからないじゃん。目に見えないところで、こっそり点数を2割引きにしたり、そういうインチキはだめだよ。晴天白日の元、堂々と議論しなくっちゃ。

それに、たとえ、それが善意からくるおせっかいだとしても、他の人の自由や権利を邪魔しちゃいけない。自分がそうされたら、辛いと思うから。諦めがつかないでしょう?自分で失敗して、自分で決めないと。

今は、ここまでしか言えない。部分しか見えてないから。今、いろんなものが吹き出して、変化の局面に来てる。だから、過去のことは恨めしいと思うけど、ちゃんと前を向いて、明るい未来に着地してほしい。

なんて、他力本願だよね。だって、まだ闘い方がわからないの。でも、動向は見ていきます。この時代に生まれた者の責任として。

なんにも考えてないから、イノセントだなんて逃げ方はしないから。もう少し待ってて。