poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

サイコパスって本当にいるのかなあ?

 

 

これだけ多様性が言われる世の中で、ふいっと次のような記事に目が止まる。

 

あなたの会社にも? 100人に1人いる「サイコパス」を見抜くには?(TOKYO FM+) - Yahoo!ニュース

 

えーーー、ポコちゃん、今、周りの人いい人ばっかりで、サイコパスとかかんがえたくなーい!と思っちゃうんだけど。

 

例えば、自分がサイコパスって思われるとしたら、どんな時?って思う。

 

例えば、親の仇って思って、誰かの命を狙っている時。

例えば、ものすごいいじめに遭って、誰かを許せないと亡者になっている時。

……。

 

あんまり浮かばないけど、全くあり得ない訳じゃない。

全ての感情に蓋をして、復讐とか仇とかに夢中になる。

 

だけどさ、本当はいい人なんだよ。って話になる。

サイコパス認定される人だって、もしかしたら、そうなのかも知れないじゃない?

 

こういう話が出てくるときって、「話せば分かる」とか往生際の悪いこと言ってないで、とっとと離れなさい!距離を置きなさいって言ってるんだよね。

それも分かる。

 

今日さ、ポコちゃんが好きだって思う人ってどんな人かなあって考えてたの。

逆に、嫌いだなあって思う人ってどんな人かなあって。

 

好きな人は、欠けがある人。人と繋がる余地のある人。

好きじゃないなあ、取っ付きにくいなあっていう人は、欠けがない人。

いつも自分だけが正しくありたいとか、一人勝ちしたいとか

それってサイコパスってこと?って思って、慌てて打ち消した。

 

今日は山岸先生の「心でっかちな日本人」の続きを読んでいたんだけど、山岸先生はいじめは「頻度依存行動」だというの。ついでに言うと、環境を整えるのも頻度依存行動を整える?誘導する?ためだし。

 

多分、類友も、頻度依存行動。30人のクラスで14人がいじめに対峙しようと思ったら、27人が対峙する。13人だと、1人しか対峙しない。それが「相補均衡」。

 

じゃあ、27人いじめを止めさせようとしている時に、最後までいじめを止めない3人はサイコパス?っていうか、そんな3人いるの?雲行きを見て、そっと多数派に紛れるんじゃない?そこもわからん。

 

例え、クラスに3人くらいサイコパスがいたって、27人の心が揺らがなければ、問題ないのに。サイコパスがそんなに偉いのかよ!って思う。

 

サイコパスを取り込もうとして優しくしてみたら、仲良くなったフリして、裏切って、ひどい仕打ちに遭うのかなあ。

 

やっぱり、冒険しないでサイコパスの生態については、知らなくていい。近づかないことにしておく。

 

だけど、そんな人って、本当にいるのかな?。。。ってしつこいって?ごめん。