poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

フライドグリーントマト🍅

学生時代、友達と見た。友達が一番好きだと言ってた映画。

ジョージア州に住む主婦エヴリンは、子供たちも独立し、自分に無関心な夫エドへの愛情も失せつつあった。そんなある日、叔母への面会で訪ねた老人ホームで、はつらつと元気な老女ニニーに出会う。怠惰な生活を送るエヴリンに、ニニーはそっと昔話を聞かせ始めた。

――その昔、南部アラバマの小さな町に暮らす少女イジーは、最愛の兄バディを突然の事故で亡くしてしまう。そんな失意のイジーに優しく寄り添ったのは、バディの恋人ルースであった。愛する人を失った二人は、深い友情で結ばれていく。やがて月日が流れ、ルースは結婚。しかし、その夫フランクは差別主義者で暴力も厭わない男であった。妊娠していたルースにイジーは救いの手を貸し、二人は黒人やホームレスたちも迎え入れる食堂「ホイッスル・ストップ・カフェ」を経営し始める。だがその後も、フランクやクー・クラックス・クランKKK)の連中などから脅迫され続けていた。そんなある日、フランクが突然行方不明になる。犯人とされ裁判にかけられたイジーだったが、結局フランクは見つからないまま、最後には無罪となる。裁判を見届けたあと、病身のルースは静かに天へ旅立っていった。残されたイジーと仲間たちは、共に力強く生きていくことを決意する――。

エヴリンはその話にすっかり心を打たれ、希望を見い出していく。やがて老人ホームを出たニニーを、自宅に迎え入れて新しい人生を歩み始めようと決めたのだった。

ウィキペディアより

その頃、わたしは同じ映画を覚えるほど、何度も見ていて、でも、これは、どうだろう?「タクシードライバー」のほうがわかり易かった。
まだ、子どもだったからね。

いまなら、違う感慨があるかも?

もう一回、見たくなっちゃった。