poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

安定こそ幸福感

またまた幸福感の調査があったらしい。

けれども、幸福感=ハッピーとすると、なにか幸せなことが起こる(ハプン)ことになるらしい。そもそも、英語圏で暮す人の幸せ(HAPPEN)と日本人の感じる幸せが違うんだよねえ.

日本人の幸福感は、何もないこと、安定こそ幸せだから、欧米の思想と言葉で作られた幸福感とはなじまないのだという新聞記事を読んだ。

平和って、戦争がないことだもんね。

私は、日本人にしては、ハプニングが好きだと思うけど、そのせいで、みんなにアイツが関わるとなんか起こるから気をつけて!って用心されてきたように思う。

でも、そんな若気の至りも乗り超えて、今は平穏が好き。観光よりリゾート。出かけるより、家で眠っていたい。

平穏を願う人のことを、退屈だなあとか、一緒にいるの窮屈だなとか、臆病すぎると思う日がないわけじゃないけれども、その気持ちがわかってきた。必ず変化が起こってしまうから、無常観なんだよね。それは、今の状態とのお別れではあっても、チャンスとか、前向きでポジティブな捉え方はされにくいのかも。だって、今に満足していて、今が好きだから。日本人のあはれがわかってきたのかな〜?身の程をわきまえて、多くを望みすぎないってことかもしれない。

価値観としては、なにかを得なければ満足できなくて、幸せになれないより、今ある幸せを噛みしめる方が平和だよね。

この気分は英語でなんと伝えるんだろうか?

Japanese likes Peace best. Japan has been suffered from many disasters. Like an earthquake, a Tunami, a fire…and so on. Those bring to us illness, famine(飢饉),war and death. And people tend to wish the day with ordinary things.…

(日本人はねえ、平和がいちばん!日本はいろいろな災害に苦しんできたから。地震でしょう、津波でしょ、火事でしょう。。。そういう災害が起こると、病気が流行ったり、作物が取れなくて飢饉が起きたり、戦争になったり、死んじゃったりする。だから、日本の人々は平凡な毎日を願うんだよね。。。)

あー、いっぱいしゃべんないと伝わりそうもないな。とにかく、ポコちゃんは、平和でみんなが笑っているような毎日がいいんだよ。一人勝ちとかしたら、バツが悪いし、誰かを出し抜きたいとか思わない。家族が幸せそうにご飯食べてるところを見てるのが幸せなの。

日本流の幸福感テストを作って、世界中でやってみたらいいのに。