poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

壮大なドッキリ大作戦

もしも、このコロナ騒ぎが全部ウソで、全世界を巻き込む壮大なドッキリだったらいいのに。
志村けんが「おこっちゃやーよ♥」って、バカ殿の格好をしてテレビに出てきて、え?って、みんなでずっこける。
誰も補償とか言い出す人はいなくて、ウソでよかったね。いっぱい食わされた!って大笑いするよな日が来たらいいのに。
ほんとにそれぐらい現実味がない。コロナウィルスははだかの王様の洋服くらいバカには見えなくて、みんながコロナごっこをしてるんじゃないかと思う。見えないペンキや飛沫の飛んだ身体を毎日毎日、見えないくせにまるで見えてるみたいに念入りに洗ったり、消毒したりして。
ご飯を食べる時は、黙ってそそくさとかきこみ、牛乳を飲んでるところを見つかると笑かしてくるクラスメイトがいるわけでもないのに。あー、こんなウソみたいな毎日が、早く終わってほしい。
神様は私たちに何を考えさせたいのだろう?もう、コロナごっこは疲れたよ。
平凡でいい、つまらなくていい、平和で凡庸な日々が懐かしい。
今日は冷たい雨が降る。電車に乗ってるひとも少なめだ。普段はラフな服きて楽しげな若者はいない。ヨレヨレのサラリーマンがポツン、ポツンと座ってる。
みんな、外出自粛してくれているのかな?だったら、毎日雨でもいい。
手応えのない、先の見えない闘いはいらない。私がほしいものはなんだろう?何を願えば、この騒ぎは収束するのだろうか。
戦争を乗り越えた人はすごいよなあ。もっと長い長い日々を、目の前で人が死ぬ様を目の当たりにしながら生き続けたのだもの。家で自粛してるのなんて、おちゃのこさいさいじゃないの。なのに、なんで、こんなにうら寂しくて、かなしいのだろう。
粛々と、たんたんと、私は私のやるべきことをやる。それは、いつものつまらない人生と一緒だ。コロナなんて邪念だから、用心さえすれば怖くないのさ。きっと、そのうち、騒ぎは収まるから。みんな、自分がどうしたらいいかわかれば、なんてことはない。だって、家で静かにしてればいいのだもの。ライフラインと金融機関と公務員は、いつも通りたんたんと働けばいい。それ以上でも、それ以下でもない。事態を悲観的に捉えすぎないで。たんたんと、たんたんと、抜け目なく用心して、ただ淡々と、たんたんと過ごせばいい。