poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

学童ケチって、半休。

今日は、息子の学童ケチって半休。
お昼に帰ってくると思って、慌てて帰ってきたのに、5時間だって〜。
心配で何度も外見に行っちゃった〜。

そして、帰ってきて一番に
「友だちと約束してきたよ。3時半にアピタテラス!」
と言い放ち、いそいそと準備。
宿題を終わらせ、DSとポケモンカードをリュックに詰め込む。
「急がないと、遅刻するよ」
初めて?のまちあわせ、後ろを付いていくことにする。
「おかしいな〜」
「待ち合わせ、どこにしたの?」
「カフェ」
「は?」
「カフェ」
それで、スタバに直行したのか?
「子どもがスタバでまちあわせはないでしょう?フードコートとか、イートインテラスとかじゃないの?カフェって見てごらん、あの店もこの店も、みんな看板にカフェって書いてあるでしょう?もっと具体的なお店の名前とかで待ち合わせしてこないと、わからないよ〜。」
息子はDSで、すれ違っていないか確認し、ショッピングモールの中をぐるぐるぐるぐる。
仕方ないから、後ろを少し離れて歩く。
「あの3人組は?」
「3年生の友だちいないの?いたら、〇〇くん見なかったって聞いてみたら?」
「いなーい」
ふうう。
ひとりだったら、泣いてたっていうくせに、「もういないから帰っちゃおうか」ともいう。
とりあえず、4時半まで遊ぶことにしてたから、4時半まで待とうと言って、待っている。←今ここ
フロアマップ二枚もらって、今度はこれに丸つけて約束してきたら?と提案してみた。
ふうう。結局会えなかったな。約束して帰ってきたときは、あんなにうれしそうだったのに、わたしが残念。(笑)
スイミングに送る途中で、「今度は、30分待って会えなかったら、帰る約束にして、家でマンガ読んで休む」
「まあね。ぐるぐるぐるぐる歩き回って疲れたからね〜。でも、相手の子も心細い思いをしたんじゃないかな〜?」
そうか、まだ、そこまでは思い至らないんだな。仕方ない。だから、ママにもいつも怒るんだ。今日は怒ってないだけ、マシだな。(笑)