poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

勇気のきびだんご

昨日から考えてた。ととちゃんの気持ち。
ととちゃんなら、人の体制まず考えて、困らないようにしてくれる。
私がわざとではないけれど、ととちゃんが心細い状態になることを気づかないでいたことで、大切にされていないと傷ついたのかもしれない。
それとも、自分が悪者になって、氷川どんに出勤日を調整させるのが嫌だったのかも?
どちらにしても、イライラしてたんだな。
これって、クレーム対応にも似てる。
そこのところの理解がないと、トンチンカンな回答になる。
相手の不安を理解して、受け止めなくてはいけないんだ。
自分の思いは二の次。まずは、気持ちを成仏させる。

ととちゃんの気持ちは、成仏したかな?

課長の声掛けで、わたしは勇気のきびだんごをもらった。ととちゃんを悪く言わないように、氷川どんにスケジュール調整してもらったので、大丈夫です!と言えたが、その後、悶々と引きずることはなかった。

きびだんごは正しい人に上げるとは限らない。今回は、私がもっと気が回ればよかったことで、たまたま、検査の準備のことや、変な光が見えたことやいろいろ重なって、コナンの休みも重なって、余裕がなくて、気づけなかった。

私が、違う役割のときは、課長のときも、ととちゃんのときも、ちゃんと相手に理解のきびだんごをあげよう。いい勉強になった!ととちゃん、ありがとう。

ととちゃんだって、コナンのフォローやら、なんやらで、忙しいし、頭がいっぱいだったんだよね。いい方がきつかったことくらいで、びくともしない。だって、ポコちゃんは勇気のきびだんご食べてる。


ととちゃんも、休ませてあげなくちゃ。

また検査

昨日から検査に備えて。検査食を食べていた。
うー、今日の午後には終わる。それまでの辛抱だ。

今、コナンが休んでいる。

正月に会った親戚にコロナ陽性が出たらしく、濃厚接触者の疑いでPCR検査を待っているようだ。

仕方ない。仕方ないとは思っているけど、忙しいから負荷がかかる。

昨日は、ととちゃんに検査に行くつもりなら、氷川どんに出てきてもらうように話して手配してくれないと、私が一人になっちゃうからと怒られた。

確かに、コナンがいないからそうなるよな。

昼の1時間くらい、私なら自席でおにぎりでも食べて電話番するけどと思うけどね。ととちゃんにそれを強要してはいけない。

氷川どんにお願いして、金曜日に代休の代わりに、木曜は出てきてもらうことにした。
氷川どん、ありがとう!ありがとうございます。

課長が、体調悪いの?と心配してくれる。
ととちゃんの言い方はきついからな。でも、慣れてきた。間違いではないし。きっと、ととちゃんなら、検査があるときは、先に手配するか、相談してくれるのだろう。

昨日はね、朝目覚めたら、天井に緑の玉が見えたの。20分くらい頭ずらしたりして見てたけど、どうも右目にだけ見えるらしい。不思議だな。

どこかからか光が差しているのかと思うけど、緑色の、まさにエメラルドグリーンの光で、ボルボックスみたいにギザギザの円の中に、染色体みたいな糸状のものがゴニョゴニョ動いてる。

ポコちゃん、目が悪いのね。そんな染色体が動くの見えるはずないのに、不思議だな。

心配になって、ネットでぐぐったら、緑色のオーブが見えたら、強い力で守られてるとか、出てきた。

もっと、医学的なものを調べてみたら、脳の血流の関係でそういうものが見えることがあるらしいことがわかった。

首と肩がめちゃめちゃ凝ってたし、頭痛もしてたから、片頭痛とか、脳梗塞の前触れという事例もあるようなので、朝、パパに話して、昼に眼科に行くことにする。

眼科に行ったら、明るいところで見えるって、話が変わってて。明るいところでは見えないです。暗いところでだけ見えるんですって言ったんだけど、最初は、そうだけど、だんだん明るいときにみえるようになるって、飛蚊症のパンフレット渡された。

まあ、眼底検査までしてもらったから、大丈夫ってことでしょう。1ヶ月後、瞳孔を開いてまた眼底検査するって。

それよりも白内障が心配だと言われてしまった。大変。携帯触る時間減らそう。目を休めなきゃ。

というわけで、今日のお話はこれでおしまい。またね。

罪悪感

昨夜は眠くて、息子の家庭科の課題を見てあげられなかった。

夜型、朝寝坊の息子と話すには、夜しかないのに。

ととちゃんに、仕事での態度について指摘を受けた。もっと部下を突っぱねろと言われた。うむ。
他の方法で問題解決できないかぐるぐるする。

時間外に教育政策課の人たちが来た。
コナンがなんか押し返そうとしてる。

とりあえず預かることにしちゃったけど、コナンは余裕がないから、受けたくないんだろうな。
代わりに受けるなら、ありだけど、それもまたととちゃんに怒られそう。

全く、どういうつもりなんだろう?正しい判断をすることもあるのに、乱暴だ。
やるっきゃないのかな。わたしが。

思いのままに、理想通りに振る舞えないことは、罪悪感を感じるし、ストレスだ。言っちゃえばいいんだ。ストレスだ。私は、こうしたい。って。

モヤモヤしてる

ポコちゃんの部署、来年、縮小になっちゃうかもしれないんです。

やだなって思ってる。

というのは、いまのサービスに愛があるからなんだよね。

でも、マニュアル的に誰でもいいとか、外注のオペレーターに出すとか、そういうことされると、ポコちゃんの愛が行き場をなくす。

やっぱり、広聴って、意見を聞くと同時に、愛を伝える部署だと思う。客観的事実やインフォメーションを伝える広報とは違うんだな。

愛なんだよ。仕事に対する誇りや愛を醸し出しつつ、理解を得る部門なんだよ。

だから、影響力はさほどでもなくても、なくさないでほしいのだよ。

みんな心配してる

昨日ね、課長から、面談後の話があった。

結論から言うと、ポコちゃんのチームの人間愛を感じてほっこりしたと言われた。

実はさ、一昨日、休みだったから、娘にも愚痴ったんだけどさ、結局、みんな表現はどうあれ、ポコちゃんがひたすら忙しいことを心配してる。

手伝いたいと思ってくれてるし、負担かけまいと遠慮もしている。

総じて上手くいってるってことだな。ありがたい。感謝。

そう思ったら、昨日はみんなまあるい声が出ていた。まあるい声って、大事だな。

許そう

一日休みをとって、出勤。
昨日は、いろんなことを考えた。

きよしどんはね、人を悪者にしない。

その方が世界が平和になる。

現実は、思ったほど悪くない。

ポジティブポコちゃんなのにね。多分、世の中は、人間が思うよりはいつも平和なのだ。

スッポン娘の取り扱い

スッポン娘にもやもやするのは、声が甲高くて、大きい。とか、呼吸が大きいとか、多分、緊張してるんだろうなと思うけど、ちょっとイライラすることもある。

あと、打ち込みが激しい。なんでも、速攻勝負とか、ちからわざと思ってるフシがある。

あと、なんだろう?取り繕うために喋りすぎる。あのーとかいって、ずっと自分が喋り続ける。相手の話を聞くのも大事なんだけど。

ハリーちゃんとは逆だけど、ハリーちゃんにはまあるい声が出るよね。

ポコちゃんも炭鉱のカナリアを自負してるところがあるけど、彼女は、それにましてけたたましい。

それに、ポコちゃんが乱されないことが大事だな。

がんばろう。

ポコちゃんが乱れるとって課長は言ったけど、違うんだ。引き金は、ビッグマザーであったり、スッポン娘だったりする。

注意深く、読み取って、やり過ごさねば