poco_chan’s diary

ポコちゃんのつぶやきブログです。ひとりぼっちで辛い思いをする人がいなくなるように。ここを訪れてくれた人の心がすこし軽くなって、社会を信じて自分を好きになったらいいな。落ち込んでるなんて、もったいない。みんなで力を尽くし、よりよい世の中を作れるように。そうして、かわいい子どもたちや、若い世代に明るい未来を引き継げるように。それが、ちっぽけなわたしの壮大な夢です。(笑)

リンクメモ

後で読みたい

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2004/02/news133.html

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00094.html#soudan

https://note.stopcovid19.jp/n/na6699c836faf

https://note.stopcovid19.jp/n/na6699c836faf

https://www.pc-covid19.jp/

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=3196941050318267&id=100000072116094

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=10220029008149808&id=1661884895

氷川どん

f:id:poco_chan:20200315215341j:plainf:id:poco_chan:20200315215330j:plainf:id:poco_chan:20200315215321j:plainf:id:poco_chan:20200315215314j:plainf:id:poco_chan:20200315215307j:plainf:id:poco_chan:20200315215255j:plainf:id:poco_chan:20200315215247j:plain

氷川どんの退職祝いを探している。

奥さんとゆっくりお茶でも飲んでほしいから、マグカップがいいかな?



ホワイトデーは、メリーチョコレートのミルフィーユをいただいた。

茶色。氷川どんは、茶色が好きなのかな?



本当は漆塗りの1万円位するやつにしようと思ってたけど、やっぱりお家で使うなら、ペアだよって課長に言われたので、ペアで探したら、あんまり高くない。うー、悩ましい。

それならば、ポットも付けたいとか、お菓子とお茶も付けようかとか、悩む。

いい買い物ができますように。

今週のお題「ホワイトデー」

レジリエンス

奥田浩美さんのブログ
https://www.okudahiromi.com/blog/20180407/2797
子どもに身につけてほしい力はレジリエンスだと。
具体的には 「底打ち」→「過程評価」→「自分と周囲への感謝」→「バネへ」ということを明確にしているのです。
感情に流されやすいときだからこそ、プロセス重視です。

失敗・挫折・意に沿わぬ出来事(受験で不合格・失業・不幸etc) 

【底打ち】
・感情の底打ちを確認する(悲しんでも現実は変わらない!ことを意識)
・悪い感情の連鎖を防ぐ(特に家族間)

【過程評価】
・そこまでの挑戦の過程で得られた成果に目を向ける
・チャレンジした過程で得られた繋がりを認める

【感謝】
・ここまで立ち向かってきた自分を讃える
・そのプロセスに協力してくれた周囲・今見守ってくれる周囲に感謝

【バネへ】
たまたま今回はこういう困難があったけど、立ち上がってもっと先を目指そう。逆にそれをバネに成長しよう

というようなことを【意識的に】行うのです。
それを何度もやると意識的に行わなくても家族のあり方自体がそうなります。


実際、娘は10代後半にして、社会の当たり前のレールを疑い、沢山のことにチャレンジし、失敗し、転んでは立ち上がるようなことを続けています。
失敗するたびに何度も何度も本人も家族も心を痛めます。

でも、一晩寝て美味しいものを食べて、評価しあって、褒めあって、感謝しあって、上を見て家族でこう言うのです。
「次はもっと面白いことを目指そう、切り開こう!」
「いつかはピッタリなものに出会うはず!」
「今回のことは神様がたまたま望んでいなかったのかも!」と

レジリエンスは特殊な能力ではありません。

「自分を信じて心から応援してくれる人」 「自分の次を心から期待してくれる人」 その2つの条件のもとで、何度も何度も失敗・逆境を囲むこと

子供の失敗・逆境は成長のチャンスです。
子供だけでなく親にとっても。
がーーん!とショックを受けた瞬間に一呼吸置いて、サマーウォーズのおばあちゃんの一言を。

「いちばんいけないのはおなかがすいていることと、独りでいることだから」
「あんたなら出来る。出来るって。そうだよ。その意気だよ」
「家族同士で手を離さぬように、人生に負けないように、もし、辛い時や苦しい時があっても、いつもと変わらず、家族みんな揃って、ご飯を食べること」

今日もお腹を満たして、よく寝て、がんばろう!

元気が出てきたポコちゃんが次に考えること

ポコちゃんには、友達がいる。ありがたい。

コナンに怯える段階は、乗り越えた。次は、コナン征伐でも、コナンに懲罰を与え、仕返しをすることではない。
ポコちゃんは、職場の雰囲気を険悪にしたくないんだ。
目指すのは、余計なことに悩んだり、ストレスを跳ね返したりする分のエネルギーを仕事に使うこと。エネルギーのロスをなくし、仕事に専念できて、働きやすい職場にすること。


「人の心理は物理学とは違う。問題の原因を指摘しても、勇気を奪うだけ。解決法と可能性に集中すべきなのだ。」アルフレッド・アドラー

問題の原因を明らかにし、その解決策を考える際に、失敗した人を吊し上げ責めたててはいけません。それは、問題を隠そうとさせます。自分の責任が最小に見えるように取り繕うとさせます。真の原因を見失うことになります。勇気をくじかせ、自信を失わせることにもなります。困難に挑戦することをあきらめて、問題から逃げるようになります。問題の原因がわかったら、解決策を考えることに時間を使わなければなりません。
https://www.facebook.com/100002367890324/posts/2763906340364935/


原因論と目的論】

どちらも問題解決の手法だけど、
どんな違いがあるのか??

原因論は、問題に対する原因を探して
指摘→改善することを目指します。

一見、早く解決しそうじゃない?

問題を指摘した側は、得意だよね。
ちょっとも優越感あるし。
悪ければ、ディスに繋がったりする。

指摘された側は、どうだろう?
ネガティブな気持ちしかないよね。

ネガティブ要素に注目するから
そこに意識が向いてしまう。

イメージを実現するのが、宇宙の法則。
だから、次も引き寄せちゃう。(>人<;)

一見、早く解決できそうでそうならないのが、
原因論的問題解決のアプローチなんだな。

一方、目的論は、目的、
つまり「どうなりたいか」だけに
焦点を当てることで、
問題解決を目指します。

余計なネガが生まれないばかりか
悪いイメージが再現されようがない!

だから、結果的に早く的確に問題解決できるのが、
目的論的問題解決のアプローチ。

https://m.facebook.com/photo.php?fbid=2816783305071478&id=100002195090687&set=a.1151216611628164

ちゃんと、ポコちゃんを励ましてくれる投稿に出会える。ありがとう!ありがとう😭

猫を被った獅子

ポコちゃんはしし座である。だから、本当は獅子なのだ。

虎の威を借る狐とは言うけれども、ポコちゃんは猫を被った獅子だ。

昨日、すんでのところでコナンに爆発しそうになった。1回爆発しておくか?とももう1人の自分が囁いたけど。押し込めて帰った。

一昨日、ポコちゃんが休んでる時に、印刷業者から電話があった。ポコちゃんが書き足したメモと校正の内容に齟齬があったので、どのように進めましょうか?という相談だ。
コナンが代わりに出て、「指示書の通りに進めてください」と答えたらしい。

通常のポコちゃんと業者の関係では、「ポコちゃん疲れてたんだな。2つの指示矛盾してるけど、正しい方にしておこう」だと思うのに、敢えて間違った指示の原稿が上がってきた。
こんな対応ありえない! 観音様みたいな担当をそうとう怒らせたに違いない。ポコちゃんは自分が休んでる時のこととはいえ、コナンの横柄な態度が目に浮かび、内心怒っている。

それなのに、「私は忙しいから、前みたいに見れないから。こういう校正の指示の間違いがないように慎重にやって!」(「はあ??あんた何様のつもり?そこは、わたしが全然分かってなくて、業者に指示できなくて申し訳ないでしょう?!」)喉もとまで出た言葉を飲み込んで、「今日は朝から息子が1人で留守番しているので、帰ります!」といって、残業を止めて帰ってきた。

あー、噴火したら、いままでのヘドロともマグマとも言えない汚い感情が一気に吹き出すところだったよ。部長の噴火なんて目じゃないね。
もう、やばい人でも構わないと思いそうだった!

ポコちゃんはコナンと険悪になりたいわけじゃない。コナンは決して謝らない星人だし。人に罪を着せたり、揚げ足を取ったりして、自分の優秀さをひけらかしたい大臣だから、仕方ない。バカは死んでも治らない。ポコちゃんは下手したら、退路を断っても噴火するからね。飲み込んで帰ってこれたポコちゃん、グッジョブ!

今日は、コナンとは、極力目も合わせず、話さないようにしている。

忘れないように。ポコちゃんはお人好しだから。コナンのことを、そのうち許してしまいそう。もう、2年もこんな思いばかりしてきて、へらへら尻尾を振ってるようじゃ、猫の風上にも置けない。

ガオーーーッ!獅子のたてがみ勇ましく、もう、コナンには屈しない。覚えてろ!(笑)

カタルシス

「恋は続くよどこまでも」を録画で2話続けて見た。

涙が出てきて、目をゴシゴシやってると、
「泣いてるオバサンがいる」
と、娘にからかわれた。

いいの。大人はね、嫌なことがあっても泣けないから、こういうの見て、代わりに涙を流すの。ママのカタルシスなんだから、ほっといて!

ふう。

この間はお通夜で泣いた。

ポコちゃん、最近、泣きたいけど泣けないことが多すぎる。

たまには、こんなドラマでも見なきゃね。台詞長すぎ。よく喋るな。この子、魔王が怖いんじゃないの?変なのー。とか、文句を言いながら、要所ではきっちり泣く。

すみませんねー。お世話になります。
来週も。(笑)